神霊狩~第2話「眼球運動による脱感作と再処理」

今日もまた、見たくない夢を見て目覚めた太郎。 自分の見ている夢が気になった太郎は、学校の資料室にあるパソコンで「夢」や「体外離脱」に関する情報を検索する。 そこへ現われた匡幸。 11年前の誘拐事件について、無遠慮に根掘り葉掘り尋ねる匡幸に怒りを覚えた太郎は、その場を立ち去った。 そんな太郎の態度にかまわず、匡幸は執拗に11年前の誘拐事件の記録を調べ続けた。 11年前の誘…

続きを読む

バンバン行こう!バンブーブレード!!

さてさてさて。本日お勧めの一品は、 YOUNG ガンガン連載の「バンブーブレード」。 パプワ君連載当時、購入していた少年ガンガン。 それがいまや、青年版が出るまでになったのね~。 いやいや、時の流れを感じます。 そんな時の流れに身を任せた私は、霊に、もとい例によって原作は未読。 アニメのみの感想ですが、まずは小川の流れのようにささやかな作品…

続きを読む

女房とたたみは新しい方がいいって、どんだけ~?

入道雲ムックムックでガチャピンな8月に突入しましたね~! 西からは、また大型の台風が接近しつつあるようですが、こちらに到着するのは2、3日後の話。 嵐の前の静けさならぬ、暑さがこの東北にも押しかけ中。 押しかけるのは押しかけ女房だけでけっこう!! という豪傑の方にご紹介するのが、この「りぜるまいん」 2002年、関東圏中心のUHF局で放送…

続きを読む

8月がくるたびに・・・

さぁって、学生の皆さんは、もう既に夏休み突入~ですね? 海に山に街に川原に繰り出しては、甘酸っぱい青春の一ページを日々重ねていることでしょう(´-ω-) 二度と来ないこの夏を、勝手存分に謳歌してくれたまえっ!ておおらかな気分の私ですが、この時期になるとつい気になってしまうのが、そう、「火垂るの墓」。 敗戦(終戦)記念日が近づくと、定番で放送されるこの作品。 …

続きを読む

アニメ見るなら兄マックス?じゃない、アニマックスか (≧Д≦)ゞ

オッス!おら、モナミ!! なんて今時、地べたに転がり埃にまみれたような挨拶してもしょうがないんですが・・・ ま、挨拶は人としての基本ということで、一つ。 時の御大尽が「アニメとマンガで日本文化の世界普及を!」なんて血迷ったことを口走る国ではありますが、それはそれでよしとしましょう。 でも、海外のマンガに賞や賞金をばらまくより、国内の明日を目指す漫画家志望…

続きを読む

釣られてみない?

ここ数年、日曜朝にやっている仮面+ライダーものの特撮にはんなりハマッてたりする。 おばあちゃんに言われたわけでは無いが、まあ、ほぼ、欠かさず見ているわけで。 今期の「仮面ライダー電王」も、コミカルさが前面に出ていて、いい感じ。 しかも聞き覚えのある声優さん達がレギュラー&ゲストキャラで出てくるんで、まさに個人的にツボつかれまくってます{%heart1_a%…

続きを読む

人魚に恩返し?な瀬戸わんたん、日暮れ天丼♪

お暑うなりましたね~。 てことで、夏と言えば海。 海といえば人魚。(また?) ってことで、今日は「瀬戸の花嫁」1~2話の感想をば。 夏の瀬戸内。 祖母の家に遊びに来ていた中学生の永澄は、溺れかけたところを人魚の少女、燦に助けてもらった。 だが、人魚の世界…

続きを読む

鉄子の旅、発車、よぉ~い!!

こんなかけ声と共に威勢良く始まった「鉄子の旅」。 個人的に、汽車の旅、好きなんですよ。 鉄道知識は皆無に等しいんですが、秋葉原の万世橋にあった交通博物館が閉館する時は、わざわざ出かけた程度のライトなファン、って感じです。 なので、俗に「鉄(テツ)」と呼ばれるマニアックな知識の方々には、密かに尊敬の念を。 この作品は、そんな「鉄」の中でも全…

続きを読む

オールド・ニューヒーロー鬼太郎参上!

地方の宿命・・・それは地上波アニメ放映の冷遇。 ご多分に漏れず我が地元も、アニメ放映時間は平日午後3~4時55分という、非常に中途半端な時間帯。 サザエさんやドラえもん、ちびまる子などの大御所アニメをのぞけば、「キャラクター商品売らんかな」の日曜テレ朝8時台番組以外、全国ネットのN○Kしか見られるアニメはなし。 そんな状況では、いつのまにかひっそり新番…

続きを読む

プリ・プリ検定

世はまさに大検定時代。 ご当地検定からマンガ検定まで、玉石混交、さまざまな検定があるわけですが。 今日ご紹介するのは、「プリンセス・プリンセス」検定。 アニメ化もされた つだみきよ原作のこの作品の、検定版があったんですね~。 ってことで、以前紹介したこともあり、流れでやってみました。 10問中8問で合格。 問題数少ないので、何気にハードル高いです。 …

続きを読む

ムダと解っていても人はすがる生き物なんだよね

久しぶりにマンガネタ~ (*^-')ノ お笑いとホラーのいかがわしいコラボが主食、って方にぜひお勧めなのが、 この「拝み屋横丁顛末記」 宮本福助、出版: 一迅社(月刊コミックゼロサムにて連載中) 現在8巻まで刊行中。 どこかにある街のとある路地。 なんの変哲もないように見えるその路地は、一歩曲がると別世界。 怪しい人々と妖しい出来事があふれてい…

続きを読む

見かけで人を判断しちゃいけないよね「風の少女エミリー」

この春からNHK教育TVで放映されている「風の少女エミリー」 「赤毛のアン」シリーズの作者、L・M・モンゴメリー女史の自伝的小説を映像化したもので、なかなか面白いです。 土曜の朝7時25分という、早い上に中途半端な時間から始まっているので、うっかり忘れていて、4話目から見始めてます。 父を亡くし、母方の親戚、マレー家に引き取られるこ…

続きを読む

そこのおまえ、歯ぁ、食いしばれ!

前回に引き続いて、スポーツ漫画ネタ。 今年はWBCの日本優勝に続き、甲子園の斎藤・田中の投手戦、中日・日ハムの優勝争いから新庄の引退、そして松坂のレッドソックス100億選手入り、と近年まれに見るベースボール・イヤーでした(個人的に)。 つうことで、今日のネタは野球漫画。 とはいえ、己ですら持て余すような自分の趣味、もちろんオーソドックスなはずもなく。 ということで、今日取り上…

続きを読む

美しき氷上の華

「甲子園の空に笑え!」 川原 泉作、白泉社文庫 全1巻 タイトルのような恥ずかしいセリフを吐けば、最近の若いもんでも 「ああ、フィギュア・スケートのことでしょ?」 といってくれるような時代が訪れました。 これも全て、トリノの女神様、荒川静香様のおかげで イナ・バウアー。 でも、私がフィギュア・スケートに着目し始めた10年ほど前は、 「息が白くな…

続きを読む