デスノート25話「沈黙」~レム&海砂編

画像
L最後がメインとはいえ、同時にレムのラスト海砂のターニングポイントの回でもあるので、自分的な考察を一つ。

「もう1冊ノートがあって、誰かが使っているのなら・・・その人間は、必ず捕まえます」
「なんてことだ・・・海砂しかいない」

Lの言葉に、動揺するレム。
「ノートの存在を公にできないなら、そいつを抹殺するしかない」
松田や相沢の言葉を受け、ようやくライトの意図に気づく。

追い詰められ、逮捕され、そして極刑にされるかもしれない海砂を救うためには、自分がノートにLの名前を書かざるを得ないことを。
海砂を助けるために自分が行動することは、レム自身の死を意味する。

海砂を守ろうとする自分の存在を、誰よりも煙たく感じているライトにとって、Lを殺し、邪魔者であるレムも合わせて始末する、これは一石二鳥の策。

だが、「海砂のためなら死んでもかまわない」と発言したレムにとって、彼女を見殺しにすることなどできるはずがない。
そして遂に、13日ルールの嘘を暴くため行動を開始したLとワタリの名を、ノートに書き込む。
静かに、一塊の砂となるレム
画像
それでもレムは、満足、だったのか・・・。

「海砂、二人で新世界を作ろう」
ライトの言葉に押し出され、裁きを再開した海砂。

ライトのために役に立ちたい。
ライトのためなら命も惜しくない。
なんの迷いもためらいもなく、そう思い、口にしてきた海砂。

だが、ヨツバキラ事件に関わったことで、明らかに海砂は変化している。
崇拝するライトに言われたことを忠実に実行するだけではなく、自分の意思で考え始めた。
それは彼女の成長と言ってもいいが、反面、非常に残酷な現実を受け入れざるを得ないと言うことだ。

ライト=キラは、明らかに自分を利用している。
火口が死に、海砂が解放された後に再び犯罪者裁きが再開されたら、過去の状況証拠から、真っ先に疑われるのは、自分。
そんなことが推理できないライトではないはずなのに、あえてそれを自分に頼むのは・・・。

記憶を失くしていたときのライトは、優しい言葉をかけることは少なくても、心から自分の身を案じてくれていた。
記憶が戻った今のライトは、記憶がなかった頃のライトに較べてずっと優しく、甘い言葉をかけてくれる。
画像

だが、それは全て計算ずくのみせかけ。
自分を守ろうとするレム、友人とさえ思いはじめていたL、そんな二人を殺すため、自分が利用されていることが解っていても、海砂にはそれを拒めない。
たとえ愛されてなくても、ライトを愛しているから。
ライトのいない世界では、自分は生きていけないから。

今までのカジュアルな服装からゴスロリ全開の衣装に着替え、街をさ迷う海砂。
くちずさむ歌が、街角でふるえる。

気をつけて 神様(キラ)は見てる
暗い夜道は 手をつないでください
一人で遠くにいても いつも 見つけ出してくれる
知ってることは 全部 教えてくれる
私が憶えてなくても 何度でも 教えてくれる
でも 全部 分かってしまったら どうすればいいの・・・?


ライトのマリオネット、ドールとして生きること。
海砂にとっての、それが幸せ。


私はちゃらんぽらんなので、ここまで誰かを思ったことはないですが、想像するとイタいね、やっぱり。

Lのシーンは別格として、この回、海砂のシーンだけでもDVD買おうかな、と思いましたよ、ホント

・・・全部、解ったよ
と苦々しい思いをしたことがある方は、ぽちっと→ranking


【アニメデスノート】DVD1巻 不具合発生」についてDEATH NOTE (13)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

デスノートの続編 詳細が少し決定!
Excerpt: ●戸田恵梨香は出演しないの?  大ヒット映画「デスノート」のスピンオフ(外伝)作品「L(仮)」の監督が、「リング」の中田秀夫氏(45)に決定したことが10日、分かった。  「デスノート」は人を..
Weblog: グラビアアイドルファンブログ祭り
Tracked: 2007-04-11 16:36

youtubeアニメ~デスノート①
Excerpt: youtubeアニメ~デスノート①デスノートルールデスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。 書かれる人物の顔が頭に入っていないと効果は無い。 ゆえに、同姓同名の人間に一遍に効果は得られない。通称名などで..
Weblog: youtubeアニメ見放題~youtubeアニメガイド
Tracked: 2007-05-15 02:08

レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#025 「沈黙」
Excerpt: 品質評価 21 / 萌え評価 29 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 15 / シリアス評価 80 / お色気評価 13 / 総合評価 31<br>レビュー数 91 件 <br> <br> 月の為なら死をも厭わない性格を利用..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-18 17:12